ブログ&ニュース

全日本社会人選手権を終えたと思ったら日本リーグ開幕

[ 三重バイオレットアイリス ]

20160831-20
8月31日〜9月4日まで山形県で全日本社会人選手権に出場してきた。大会結果は昨年に続いての3位入賞。昨年は監督就任3週間後にこの大会がありノリ&勢いで3位になってしまった。クラブ創設以来、初の3位入賞だったと記憶している。

そして今回、予選トーナメントでSONYに26-21で競り勝ち、決勝リーグに駒を進めた。決勝リーグは北國銀行、オムロン、広島メイプルレッズ、そして三重バイオレットアイリスの4チームで1回戦総当たり。

決勝リーグ初戦、強豪オムロン24-22に競り勝ち、翌日の広島メイプルレッズ戦18-20に2点差で敗戦。最終日のオムロンvs広島メイプルレッズ戦を終えた時点で、北國銀行との最終戦に勝てば優勝、負け&引き分けで3位という条件下でファイナルマッチに挑んだ。

「ファイナルマッチの直前の成績」
北國銀行 2勝0敗
広島メイプルレッズ 1勝1敗1分
MVI 1勝1敗
オムロン 0勝2敗1分

前半一時は7点のリードを許す展開から、粘り強くプレーし続け後半27分23-23の同点。そこから北國銀行に2点をねじ込まれて終わってみれば23-25の2点差で敗れた。後半残り3分で同点、振返れば日本一がそこまで近づいてきていたのかもしれない。しかし試合中はそんな事は頭になくて、ただただ目の前のワンプレーに集中し続けていた。

試合後、目に涙を浮かべている選手もいた。しかし泣き崩れるといった様子とはまた違っていた。悔しさと共に手応えを、手応え以上の悔しさを噛み締め、向き合っている様子だった。チームの中には学生時代に何度も日本一をかける舞台でプレーしてきた選手もいれば、今回みたいな舞台は初めての選手もいた。大会最終日に日本一をかけてハンドボールできる、選手としてこんなに幸せな事はない。

昨年は「喜び」に満ちあふれた3位、しかし北國銀行とオムロンにはWスコアでの敗戦でコテンパンにされた。今回の3位は「手応え&悔しさ」といった感じだろうか。何よりも勝てば日本一の舞台を経験できた事はこれから必ずプラスになると確信している。そして日本一になるには、今回はまだ早かった。まだ何か足りなかったという事なんだと感じている。

20160902-45

【大会結果】
予選リーグ1勝 決勝リーグ1勝2敗 3位入賞 
ベスト7 池原綾香 多田仁美 
「大会結果・日本ハンドボール協会サイトより」

・予選トーナメント
MVI 26(10-13 16-8)21 SONY  

・決勝リーグ
MVI 24(11-10 13-12)22 オムロン 
MVI 18(9-10 9-10)20 広島メイプルレッズ 
MVI 23(11-15 12-10)25 北國銀行 

【ハイライト動画】
「SONY戦ハイライト」
「オムロン戦ハイライト」
「広島メイプルレッズ戦ハイライト」
「北國銀行戦ハイライト」

14199621_1305145012851223_7057067401859537832_n

大会終了後僕は山形から東京へ移動。翌日、日本リーグ開幕の記者発表。鈴鹿に戻って、クラブオーナーへの活動報告、鈴木英敬三重県知事への表敬本、地元ケーブルテレビ&新聞社から取材など日中は対外的な活動が立て込んでいた。夕方以降は、地元鈴鹿で地に足をつけてじっくりとトレーニングすることができた。

そして、いよいよ明日から日本リーグが開幕する。昨シーズンはリオ五輪アジア最終予選の影響もあり1月開幕で2回総当たり、今シーズンは9月開幕で3回総当たり、11,12月はブレイク期間。9月〜3月までの長丁場だ。

国体東海予選でHC名古屋、飛騨高山ブラックブルズ、今回の全日本社会人選手権でSONY、オムロン、広島メイプルレッズ、北國銀行と日本リーグ勢と一通り対戦する事がきた。日本リーグ開幕前に日本リーグ全チームと真剣勝負の場を持てた事をプラスにしていこう。

今期の傾向に目に向けると7人攻撃それに対する守備、ブルーカードなど新ルールや新たなトレンドへの対応も必要になってくる。今期は各チーム、移籍や外国人選手の補強、新監督招聘などもあり昨シーズン以上の大混戦が予想される。

周囲からはやれ「今年こそプレーオフ、いや日本一だ」と声をかけて貰えるが、今は開幕戦の広島メイプルレッズ戦の事だけを考えている。大事な開幕戦という思いもあるし、1/18という思いもある。

長丁場の日本リーグ、良いときもあれば、苦しいときもある。勝点を獲得できる時もあれば、そうではない時もあるだろう。それでも最善の準備を継続的に行う事、目の前の事に集中し全力でプレーし続ける事。この部分が最も大切だし、自分達にコントロールできる部分だ。勝ち負けがあり、良いときもありば、苦しいときもある。本来スポーツとはそういうものだし、それこそがリーグ戦の醍醐味だ。

日本リーグを通して、1試合1試合を通して、1プレー1プレーを通して、選手としても、スタッフとしても、チームとしても、クラブとしても、成長を続けていこう。シューターズの皆さんと「成長&勝利」を共有していこう。

Super Violet Soul!!!



Tags:

  • 株式会社トライマックス
  • ザムスト
  • トランジスタ
  • melis
  • BLUETAG.JP
  • 日本橋西川
  • フローラハウス
  • ゼロフィット
  • ホーストン
  • Ba2ne
  • ウィグライプロ
  • 株式会社エイスオーシャン