ブログ&ニュース

さばスポ 〜成長してるねぇ〜

[ さばスポハンドボールスクール ]

14811_633180210051907_142806921_n

昨日は自分のトレーニングを終えてからのアスリート派遣事業(さばスポ)でした。

福井のJr.チームのちびっ子たちとボールを追いかけてきました。

今まで、僕は3、4年生の子供たちだと思っていたら、何と…、2、3年生でした。

(3、4年生だとしてもめちゃくちゃ上手やなと思って見ていたのに…、この子たち小学2、3年生ってどれだけ将来有望なんや…)

と、驚いている事をちびっ子には悟られないように、今回もコーチをしてきました。

前回にやった事を思いだしてもらいながら、毎回少しずつ新しいメニューを混ぜていきます。少しずつ、ちびっ子達からもメニューのリクエストがあります。一番のお気に入りはやっぱり試合、次はパスゲームです。あとはとにかく競い合う事が大好きです。ええこっちゃ。

ちびっ子達の横で、チームメイトの切越&瀬戸が自主練習、そして反対のコートで中学生が練習していたので、今回はみんなが一番楽しみにしている試合はやりませんでした。

ちゃんと理由を説明して、「今日はがまんな。」というと、みんな分かってくれた様子でした。

そのかわりコート半面の、そのまた半面を使って2対1の攻撃をやりました。最初は全く何もヒントを出さずにやってみました。皆さん想像できますか?小学2、3年生の2対1ですよ。

うまくいったり、いかなかったりはします。判断以前にパスキャッチで四苦八苦している子もいますからね。でも中には、「今は自分で行けた。」「今の俺が空いてた。」とか少しずつ自分達で気づきだす子もいます。

ちょっと気づきがでてくると、全体を止めて、少しずつヒントを出して、みんなでどうすると上手く行くか、思い思いに発言してもらってみんなで考えます。

「みんな、ゴールとかDFはどっちにある?」

「前ーーーっ。」

「今は、どっち向いてランパスしてた?」

「えーと。横ー。」

「じゃあ、どっち向いてランパスするとゴールとかDFの事が見えるかな?」

「前ーーーーー!!!」

たったこれだけのヒントで、まず、自分がいけるのか?味方がフリーなのか?は自分で判断して攻撃出来る回数がグンと上がりました。

中には、意図的にDFを自分に引きつけて、味方をフリーにしてパスをしだす子も出てきます。(小学2、3年生が…)

さっきまでは、自分が空いていても自分で攻める事ができなかった子が、自分の判断でドリブルをついてシュートまで行けるようになりました。

ほんまに、驚くほどに一回一回、それこそ自分の順番がくるたびに上達していきます。

まあ、全部が全部上手くいっているわけでもなくて、喧嘩しそうになったり、例の2:1をやるときにどうやると上手くいくって質問すると「元気出す。」とか「喧嘩しない。」とか、元気よく真剣に発言する子もいれば、あえて元気よくボケてくる子もいます。

何人かがふざけだすと、「ちゃんとやろーーっ。」「集合中に爪噛むなぁ。」とか何とか必死にみんなを纏めようとする子も出てきました。

みんな色んな意味で本当に成長してきているなぁと感じます。



  • 株式会社トライマックス
  • ザムスト
  • トランジスタ
  • melis
  • BLUETAG.JP
  • 日本橋西川
  • フローラハウス
  • ゼロフィット
  • ホーストン
  • Ba2ne
  • ウィグライプロ
  • 株式会社エイスオーシャン