ブログ&ニュース ( 中部大学 )

東海学生2022春季リーグ戦終了/ 準優勝

[ 中部大学 ]

昨日、東海学生春季リーグ戦が無事終了した。結果は9戦8勝1敗で準優勝。大同大学9戦8勝1敗と同じ勝点で、並んだが8戦目の直接対決に勝利できなかったので、対戦間成績から大同大が優勝、中部大が準優勝となった。

<開幕6試合の結果>
4月13日(土) 中部大 38(16-6 22-12)18 愛知大
4月14日(日) 中部大 51(25-6 26-7)13 三重大
4月23日(土) 中部大 38(17-11 21-15)26 朝日大
4月24日(日) 中部大 37(17-9 20-12)21 愛知教育大
4月30日(土) 中部大 40(18-10 22-7)17 岐阜大
5月01日(日) 中部大 37(20-9 17-13)22 岐阜聖徳大

開幕6戦を終えて6戦全勝。5戦目、6戦目と攻守の要でもあるピサノが足首を痛め欠場。中央DFを小林&水谷の2年生コンビが必死に守りきってくれた。二人ともとんでもないプレッシャーだったみたいだけど、お互いに今できるベストを尽くしてくれた。

6戦を終えた時点で、大同大、名城大、中京大、そして中部大の4チームが6戦全勝で横一線の状態。ここからいよいよ上位チーム同士の戦い。

<7戦目、8戦目の結果>
5月07日(土) 中部大 29(14-15 15-8)23 中京大
5月08日(日) 中部大 28(12-17 16-15)32 大同大

全勝対決の一発目の中京大との一戦を粘りに粘って逆転勝利。同日の別会場で大同大が名城大を撃破。5月8日は7戦全勝同士で大同大との大一番を迎えた。大同大の勢いに押されて、苦しい展開が続き悔しい敗戦となった。他会場で名城大が中京大に勝利したことから、この時点で大同大の優勝が事実上決まった。

<最終戦の結果>
5月15日(日) 中部大 33(12-13 21-15)28 名城大

優勝が無くなり、勝てば準優勝、落とせば3位になる最終戦の名城大戦。前半は1点ビハインドで折り返したが、後半立ち上がり相手の退場機会に連続得点に成功し、一気に流れをつかみ逆転に成功。そのまま5点差での勝利し準優勝を決めた。

この結果に満足感はないが、作取監督曰く「リーグ戦を最後までやり抜けたこと自体が2019年の秋季リーグ戦以来」とのこと。

コートに立つ選手の頑張りはもちろんのこと、会場設営や映像の準備をしてくれるサポートメンバー、対戦相手やレフリーの皆さん、感染対策を徹底して安全にリーグ運営して下さった東海学生連盟の皆さん、最終日にはyoutube配信してくださった動画時代の皆さん、2022春季リーグ戦に携わって下さった全て皆さん本当に有難うございました。

ベスト7に選ばれた中島&小林の2年生コンビ。

中島は強気な姿勢で攻撃をリードし続けてくれた。まさしく切り込み隊長って感じ、ここって時に自分でケリをつけてくる姿勢が頼もしい。

小林はピサノ不在期間だけでなく9戦全ての試合で中央を守り抜いてくれた。試合前「いつも通り緊張でゲボ吐きそうです。」って苦笑いしながら、頑張り抜いてくれた。

8月の西日本インカレに向けて再スタートだ。



東海学生2022春季リーグ戦開幕

[ 中部大学 ]

早いもので4月もあっという間に後半。4月の半ばから東海学生春季リーグ戦が開幕した。ここまで開幕4連勝とまずまずのスタートを切ることができた。

<開幕4戦の試合結果>
4月13日(土) 中部大 38(16-6 22-12)18 愛知大
4月14日(日) 中部大 51(25-6 26-7)13 三重大
4月23日(土) 中部大 38(17-11 21-15)26 朝日大
4月24日(日) 中部大 37(17-9 20-12)21 愛知教育大

新型コロナの影響で東海学生リーグをまともに経験しているのは4年生のみ。つまり彼らが1年生の時、以来ということだ。これは他大学も同様。1試合、1試合まだまだ試行錯誤を繰り返している。ハンドボールのプレーだけではなく、当日の準備や、試合前のW-up、1週間の過ごし方も含めてだ。

試合ごとにチームとして、個人としても、チャレンジングな姿勢で成長を積み重ねている真っ最中。細かな微調整をしながら、リーグ戦終盤に向けて今よりも良いチーム、良い個人になっていきたい。

初戦の愛知大にはここ暫く勝利できていなかったので、開幕戦に確実に勝利することができて本当に良かった。学生も作取監督も開幕戦に勝利して本当に嬉しそうだった。開幕戦以降も、三重大、朝日大、愛知教育大を相手に確実に勝利を積み重ねることができた。

この後、岐阜大戦&岐阜聖徳大戦とまだまだ週末の連戦が続いていく。感染症対策を徹底して、目の前の一戦一戦に全力を注いでいこう。中部大学ハンドボール部の一員としてハンドボールができることに、喜びと誇りを持って頑張っていこう。



4月8日中部大学にて

[ 中部大学 ]

2022年度がスタートして1週間が経った。引っ越しの荷解き、長男の入学式(小学校)など家族も新しい土地でバタバタとしながら過ごしている。

2022年3月末で三重バイオレットアイリスの監督としての仕事は任期満了。3月31日に三重から愛知に移ってきた。今後の仕事は中部大学で人間力創成教育院という部署で健康科学 &ハンドボールの授業を持つこと、ハンドボール部の顧問として学生たちをコーチングをすることがメインになってくる。学生時代に一緒にボールを追いかけた作取監督と一緒に仕事ができるのは何よりも嬉しい。

4月1日から大学に足を運んで、辞令交付式、教職員総会に出席したり、授業の準備などをしながら、少しずつハンドボール部の活動にも顔を出させてもらっている。朝日大、明星大とのトレーニングゲームや、相川さんからのフィジカルトレーニング指導に励む学生たち。

明星大とのトレーニングマッチでは久しぶりに植松さんとお会いできた。その後も中部大OBの琉球コラソンを退団した小川くん、北陸電力ブルーサンダーの山城くんらが自分のトレーニングがてら母校に顔を出しに来てくれた。こういうのはやっぱり嬉しいよね。

そして昨日4月7日から通常の授業が始まった。ようやく1コマの授業を終えて、その日のハンドボール部の練習を見終わって、「こんな感じでこれから進んでいくのかなぁ」と思っているところだ。

来週末4月16日から春季リーグ戦が開幕する。5月中旬までは毎週末、公式戦が控えている。

新しい場所で、新しいメンバーで、新しい仕事ができるのは幸せなことだ。

今度はこの場所で学生と共に成長していこう。