ブログ&ニュース ( 2015/2016シーズン )

JHL(2015/2016)終了

[ 2015/2016シーズン三重バイオレットアイリス ]

12705219_1150932228272503_609914471499437597_n

3月6日に日本リーグのレギュラーシーズンを終了。

1月に開幕した日本リーグ。開幕4連敗からのスタート。苦しみながらもHC名古屋との東海ダービーに勝利し、何とか初白星。

1月 1勝4敗
MVI 18(11-9 7-11)20 オムロン  @水俣 観客533人
MVI 17(11-11 6-9)20 広島メイプルレッズ  @鈴鹿 観客910人
MVI 17(8-15 9-15)30 北國銀行  @小松 観客853人
MVI 16(9-12 7-8)20 オムロン  @広島 観客263人
MVI 28(12-12 16-8)20 HC名古屋  @名古屋 観客527人

2月、特に上旬の8日間で4試合のタフな日程。名張でのソニー戦に惨敗。その翌日のブルズ戦に勝利。波乗りかけた矢先の呉でのメイプル戦で自滅。鈴鹿に戻って無敗の北國銀行戦に善戦するものの勝ちきれず。この時点で2勝7敗。それでもまだプレーオフの可能性の信じてチームは動いていた。

負けた時点でプレーオフの可能性が消える。そんな崖っぷちの状況を選手達は楽しんでいるようにも見えた。鹿児島でのSONY戦、DFで粘りに粘って逆転勝利。これで3勝7敗。ラスト2試合にプレーオフ進出の可能性を残してホーム(鈴鹿)へ戻ってきた。ブルズ、HC名古屋に勝てば5勝7敗となり、他チームの結果次第ではプレーオフ圏内の4位以内の可能性が見えてきた。

運命のブルズ戦との一戦。前半3点リードで折り返すも、後半ブルズの猛追を受けて14-14と痛恨のドロー。この時点でプレーオフの可能性は完全消滅。ジェットコースターのような2月を終えた。日本代表の原&池原はブルズ戦を最後にチームを離れて日本代表活動に専念。

2月 2勝3敗1分
MVI 13(5-10 8-12)22 SONY  @名張 観客430人
MVI 22(10-8 12-10)18 ブルズ  @高山 観客710人
MVI 13(7-11 6-9)20 広島メイプルレッズ  @呉 観客843人  
MVI 15(8-12 7-9)21 北國銀行  @鈴鹿 観客830人
MVI 14(5-7 9-5)12 SONY  @鹿児島 観客535人
MVI 14(9-6 5-8)14 ブルズ  @鈴鹿 観客850人

泣いても笑っても今シーズン最終戦。選手達は苦しみながらもHC名古屋との一戦をモノにしてくれた。それにしてもこの日のホームゲームの試合会場の応援は素晴らしかった。魂の籠った応援に鳥肌がたった。

3月 1勝
MVI 17(10-9 7-7)16 HC名古屋  @鈴鹿 観客880人

12戦、4勝7敗1分。勝点9。

何とかプレーオフの可能性を残して、レギュラーシーズンを終え、最終節の広島メイプルレッズvsブルズの結果を待つ。そんな状況までは持っていきたかったが、最終戦の前にその可能性はなくなった。

勝っても負けても、目の前の事に意識を向けて、常に最善の準備をして、全力でプレーし続けてくれた選手達、それを支えてくれたスタッフ、サポーターの皆さん、スポンサーの皆さんに本当に感謝している。本当に有り難うございました。

日本リーグのレギュラーシーズンは終了したが、3月15〜17日に大学生と一緒にスプリングキャンプ(バイオレットチャレンジ)を主催するのであと少しだけ今年度の活動が残っている。



8日間で4戦を終えて

[ 2015/2016シーズン三重バイオレットアイリス ]

12717687_1147997118566014_430535655152848794_n

現在2月14日の昼間。午前中は指導者研修を受講。「スラムダンクの勝利学」の著者のスポーツドクターの辻氏の話。

さてさて、2月6、7、11、13日と8日間で怒濤の4連戦だった。

MVI 13-22 SONY
MVI 22-18 ブラックブルズ
MVI 13-20 広島メイプルレッズ
MVI 15-21 北國銀行

2月上旬、4戦して1勝3敗。トータルで2勝7敗。

この8日間、4試合で良いときもあれば、苦しいときもあった。必ずしも、求めていた成果には繋がっていない。それでも選手達はファイティングポーズを崩す事無く、一つ先の事、今目の前の事に集中して、本気で前に進み続けてくれている。

ありがたい事に、まだプレーオフ進出の可能性は残されている。可能性がある限り、チャレンジし続ける、チャレンジを楽しむ事。

今の目の前にあるのは2月21日のSONY戦。



日本リーグ5試合を終えて

[ 2015/2016シーズン三重バイオレットアイリス ]

12508821_1128373653861694_8577671868968081094_n

気がつけば1月最終日もあと数時間。一つ前のBlogが明けましておめでとう的な内容。

ご存知の通り、日本ハンドボールリーグが開幕している。開幕後5試合を終えた所で現在1勝4敗。

MVI 18-20 オムロン
MVI 17-20 広島メイプルレッズ
MVI 17-30 北國銀行
MVI 16-20 オムロン
MVI 28-20 HC名古屋

開幕してからの4試合が昨シーズン1〜3位のチームとの対戦が続き、開幕4連敗スタート。もちろんどの試合も勝利を目指して準備をして臨んでいるが勝敗ばかりは相手がいるのでコントロールできない。4連勝でのスタートを切る事ができれば最高だが、現実はそうは甘くない。

「仮に4連敗スタートを切ったとしても1ミリもプレーオフが遠のいたとは感じていない。」
「レギュラーシーズン12試合が終わった時の勝点が重要だ。」
「勝敗に関わらず変化、成長することは必ずできる。」

最悪の状態(開幕4連敗スタート)も想定して準備をしていたし、選手には勝っても、負けても一つ先の事に意識を向けて常に最善の準備をすること、目の前の事を笑顔で楽しんでやっていこうと何度も伝えてきた。

そんな中での昨日のHC名古屋との東海ダービィー、苦しい時間帯もあったが、チーム一丸となって勝利を摑み取る事ができた。この勝利を意味のあるものにできるかどうかも、次戦のSONY戦次第。

これからも一つ先の事にのみ意識を向けて、闘い続けるのみ。

明日からいよいよ勝負の2月がスタートする。



日本選手権 SONY戦を終えて

[ 2015/2016シーズン三重バイオレットアイリス ]

12391351_1118846754814384_7970759702273847561_n
昨日は日本選手権準々決勝、ソニー戦。この試合に勝てばクラブ史上最高成績のベスト4以上が確定。

三重バイオレットアイリス 15(7-11 8-8)19 SONY

試合中も苦しい時間帯、崩れそうになった時間帯、こちらの狙った展開に持ち込めた時間帯、本当に60分間の中で色々とあった。

終わってみれば、国体準優勝チームのSONYに4点差の敗戦。クラブ最高成績更新はお預け。そう簡単ではない。

日本選手権はトーナメント戦なので、ここでバイオレットの年内の公式戦は終了。

しかし新年1月9日には直に日本リーグが開幕する。

悔しい気持ちは次へのガソリンに。

新たに出た課題を約2週間で修正して直に次の準備。

選手も既に次への準備に入っている。

もうすぐバイオレットの監督になって8ヶ月が終わろうとしている。

そして監督として臨む初めての日本リーグがあと2週間で開幕する。

この大会に向けて、そして大会中も成長してくれた選手達。

そして選手に少しでもいい環境をと動いてくれたスタッフ。

またみんなで頑張ろう。

いつもサポートしてくださるスポンサーの皆様。

選手を送り出してくださる職場の皆様。

いつも温かい声援を送ってくださるサポータズクラブの皆様。

本当にありがとうございました。



和歌山国体を終えて

[ 2015/2016シーズン三重バイオレットアイリス ]

12046971_1077626238936436_7066397553653101865_n

和歌山国体を終えて鈴鹿に戻ってきました。

三重県 23(11-14 12-10)24 香川県

前半の3点ビハインドを後半追い上げましたが、一歩及ばずでした。

何があっても、落とせない一戦を落としてしまいました。

社会人選手権で3位に入り、国体東海予選でも優勝とここまで結果だけみたら順調でした。

新チームになってから、鍵にになるゲームは必ずモノにしてきていたのですが、今回はそうはいきませんでした。

このタイニングでこういう結果になってしまった事をしっかりと受け止めて、次に繋げます。

二度とこういう思いはしたくないし、させたくない。

今回勝てなかった事の影響っては、この後色んなところで出てくると思います。

こんなときこそ、踏ん張りどころ。

チーム三重で臨んだ今回の和歌山国体、ご支援、ご理解頂いた皆さん本当に有り難うございました。

【最終成績】
優勝、石川県(北國銀行)
準優勝、鹿児島県(ソニー)
3位、熊本県(オムロン)
4位、広島県(広島メイプルレッズ)



国体東海予選を終えて

[ 2015/2016シーズン三重バイオレットアイリス ]

11870775_1055612547804472_7836204831518534804_n

先週末の国体東海予選の話を。8月15日、16日は鈴鹿市立体育館で国体予選でした。

結果はFacebookでもお知らせした通り。

準決勝 三重 32-9 静岡
決勝 三重 26-19 愛知

和歌山国体本戦の出場権を獲得する事ができました。皆さん応援ありがとうございました。

社会人選手権をクラブ最高成績の3位で終えて、6月1日から2ヶ月半かけて準備を進めてきました。結果だけみれば順調そのものですが、そんなに簡単ではありませんでした。

東海地区からは愛知県=HC名古屋、岐阜県=HC飛驒高山といずれも日本リーグのチーム。この両チームと三重県(主力は三重バイオレットアイリス)、そして静岡県の4チームから1チームしか国体本戦には出場できません。

おりひめJAPAN加えて、ユニバーシアード、Jr.などの日本代表活動で選手が出たり入ったりの中、鈴鹿で全員揃ってトレーニングできる機会は殆どありません。(この辺りが難しく、面白い部分でした。)

リオ五輪の予選に向けておりひめJAPANの合宿続きの池原&原+Jr.代表の岩見が今回の国体予選には出場がきない中で、しっかりと和歌山国体の出場権を獲得する。社会人選手権であまり出番がなく、どちらかと言えば悔しい想いをしていた選手にとってはチャンスであり、勝負の機会でした。

話は変わって、僕は以前から国体など県の代表として出場する大会にはその県のベストのメンバーを編成して出場できたらなと考えていました。そして上記の背景もあったので、「可能であれば、今回の国体からチーム三重で挑みたい」とクラブのスタッフ、三重県のハンドボール協会、体育協会さんに相談させて頂きました。

皆さん、「よしやろう」って感じで、出来ない理由を捜すのではなく、実現する為に何が出来るかという発想で、調整してくださいました。ほんまにありがたかったです。

社会人選手権明けの練習でバイオレットの選手達にも「国体には選抜チームでいくから競争だよ。」「でも現実的にはバイオレットが主体なのは間違いないから、誰がチームに合流してきても自分達がやることを丁寧にやろう。しっかりと受け入れてあげよう。」と伝えました。

三重出身の大学生、バイオレットOGに何度か練習や練習試合に参加してもらって、メンバーを絞り込んでいきました。最終的にはバイオレットから12名、OG1名、大学生1名の14名でメンバーを編成しました。(快く選手を送り出してくださった大学チームの関係者、OG選手の職場の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。)

今回のチーム三重という試みだけでなく、メカルイベント、高体連技術講習会、選手の職場訪問、ウエイトトレーニング、フィジカル測定、男子チームとの練習試合、栄養サポート、バイオレットドリームなど、挙げだしたらきりがないほどの環境変化が社会人選手権以降、選手にもクラブにもありました。

社会人選手権までは元々建っていた家の中でどう住みやすくするのか?って発想で大会に臨みましたが、社会人選手権以降はクラブもチームも設計図をもう一度書き直して再出発するようなイメージでした。ほんまに選手もスタッフも大変だったと思います。

こうやって新しいことをやりだして、成果に繋がらなければ…

プレッシャーや不安な気持ちもあったかと思いますが、選手達は2ヶ月半かけて準備してきたことをしっかりとコートで表現してくれました。クラブスタッフの皆さんも、選手がプレーしやすい環境作りの為、身を粉にして動いてくれました。

まだまだ課題も多いですが、それでも選手が自分達で考えて、行動して摑み取った今回の和歌山国体の出場権は本当に嬉しく思います。

昨日から、国体予選明けのチーム練習が再開しています。しばらく海外に出ていた、原、池原、岩見もチームに合流して久しぶりに選手全員が揃っています。

和歌山国体での優勝が次なる目標です。



全日本社会人選手権大会を終えて

[ 2015/2016シーズン ]

10476500_1009833712382356_9003322515573287974_n

昨日、25日振りに福井の自宅に戻ってきました。今回の全日本社会人選手権大会に向けて一ヶ月弱単身で鈴鹿で過ごしていましたが、5月末には妻&はなを連れて鈴鹿に引越し、完全に福井を離れます。

さて、今回の全日本社会人選手権大会はお陰様で三重バイオレットアイリス、クラブ史上最高成績の3位入賞を果たす事ができました。

5月頭に福井を出て鈴鹿に移動し、クラブに合流してから準備期間は短かったですが、考えうる最善の準備をして今大会に臨みました。大会期間中も試合をやってみて必要な事があれば、微調整しながら進めていきました。

初の決勝進出を目指して挑んだ準決勝のオムロン戦。これぞ決勝トーナメントのオムロンという感じでした。試合開始直後のオムロンからの圧力を跳ね返す事ができずに完敗しました。試合後の選手の落胆振りは激しく、目指してきたものを失ってしまった時の精神状態そのものでした。

オムロン戦の細かい反省や、悔しい気持ちは一旦置いておいて、気持ちをもう一度現在に戻して、翌日の香川銀行との3.4位決定戦に気持ちを向ける必要がありました。

というのも、昨年の同大会、バイオレットは予選リーグで敗退し、5.6位決定戦にまわりました。その時の対戦相手も香川銀行でした。この時は気持ちの切替が上手く出来ずに昨年は6位で大会を終えてしまったと聞いています。

もちろん優勝を目指して戦いますが、大会前から「試合に勝とうが負けようが、常に意識を現在に置いて、次の試合に対して、次のプレーに対して最善の準備をしよう。」と選手達に話していました。

オムロン戦を終えて、会場を後にする前にもう一度選手を集めて、こう伝えました。

「明日は単なる順位決定戦ではなく、クラブ史上最高成績の3位を勝ち取る事の出来るチャンスなんやぞ。自分のために、チームのために戦うのはもちろんだけど、応援に来てくれているご父兄、スポンサーさん、職場の皆さん、スタッフ、このクラブに関わってくれているみんなのために明日の試合を戦おう。みんなが勝つ事で喜んでくれる人が大勢いる。しっかりと3位を勝ち取って、そのあとで今回の大会の反省をすればいい、まずは明日もう一度15人全員でしっかりと戦おう。」と話をしました。

香川銀行戦、予想通り試合開始から一進一退の攻防が続きました。何度かリードを奪われる時間帯もありましたが、慌てる事なく前後半を戦い、22-20の2点差で勝つ事ができました。

試合後の細野GMの男泣き、選手達のうれし涙、応援スタンドのご父兄の涙を見て、何とか3位入賞できてよかったなと心底思いました。

クラブの内外にこれから「三重バイオレットアイリスは大きく前進していくんだ。」というインパクトを残すにはこの大会でクラブ史上最高成績を出しておく事が最低条件だと思っていました。

大会前は優勝を目標にしていましたし、上位2チームの北國銀行、オムロンには2試合とも完敗だったので、この成績に満足感は全くありませんが、選手達、クラブにとっても今回の3位入賞は良い経験になってくると思います。

もちろん僕自身にとっても全てが新しい経験、良い経験になりました。準備期間の長短に関係なく新しい道で勝負の大会でした。この大会に選手15名の未来と、このクラブの命運が掛かっていると思っていたので本当にかけていました。

3位決定戦の後は、声もカラカラで、頭も上手くまわらない感じでした。(それはいつもか!!?)

選手達は大会終了後にバスで一足先に鈴鹿に帰っています。帰りのバスでは、今大会の振り返りはもちろん、例の男子日本代表の喫煙問題の記事を読んでもらい、選手それぞれに考えてもらいました。

今週はリフレッシュ&次への準備の一週間。職場への今大会の活動報告や身体のケアなどに当ててもらっています。ここからしばらく日本代表(年代別日本代表も含む)活動でクラブを出たり入ったりする選手が増えてきますが、お互いに自分のいる場所で精一杯成長していけたらと思います。

僕は、5月30日に6シーズンお世話になった北陸電力ブルーサンダーのOB戦に参加して、翌日31日に福井を出ます。その後は完全に三重県民、鈴鹿市民です。それまで今週は福井で引越準備ですね。



今日から決勝トーナメント

[ 2015/2016シーズン ]

11180333_681199235360299_4658770276510907219_n

全日本社会人選手権大会もいよいよ残すところあと二日です。

昨日のソニー戦、選手全員の頑張りで33-23で勝利することができました。

「予選リーグAグループ結果」
バイオレット14(7-15、7-16)31 北國銀行
バイオレット33(17-7、16-16)23 ソニー

Aグループ
1位 北國銀行 
2位 三重バイオレットアイリス
3位 ソニーセミコンダクタ

Bグループ
1位 オムロン
2位 香川銀行T・H
3位 広島メイプルレッズ

そしていよいよ今日から決勝トーナメントが始まります。

準決勝の相手はオムロン。今日も強豪と対戦することになりますが15人全員でバイオレットの新しい歴史を作ってきたいと思います。

昨日も多くの方が応援に駆けつけてくださいました。試合中、本当にバイオレットのパワーになっています。本当にありがとうございます。

選手との職場の皆さんと、僕の北陸での仕事仲間も交えたソニー戦後の一枚。監督初勝利後の一枚。

今日もバイオレットの15名全員で勝負してきます。

一試合終えた後には全員が成長できますように!!!



いわば人生に一回しかない監督デビュー戦ってやつでした。

[ 2015/2016シーズン ]

みなさんおはようございます。

昨日から富山県で全日本社会人選手権大会が開幕しています。

三重バイオレットアイリスの監督として臨む、初めての大会、初めての公式戦でした。いわば人生に一回しかない監督デビュー戦ってやつでした。

結果はご存じのとおり、昨年度王者の北國銀行に敗れてしまいました。現在、日本一の相手に「一発やってやろうと」狙っていましたが、勝負の世界は甘くないなと。

試合に敗けてめちゃくちゃく悔しいのは当然ですが「なかなかにエキサイティングな仕事だな」と「このバイオレットの15名全員で今シーズン闘っていくんだな」と改めて実感しているところです。

やはり「勝負」の世界に身を置けるのは幸せなことですね。しびれますな。

代表者会議や、ひとつ前の試合のユニフォームチェックやコイントス、などすべてが新鮮で、新しいハンドボールへの関わり方になっていくんだなと緊張感とわくわく感でいっぱいです。

今日は中日でバイオレットの試合はありませんが、明日のソニー戦に向けた準備のための一日にしたいと思います。

昨日の試合会場では、昨シーズンまで対戦していた男子チームのみんながチームを超えて「櫛田監督!!!」って茶化し気味に声をかけてきてくれたり、北陸で相続関係の仕事仲間だった皆さん(勤務先は違うのにも関わらず)が「くっしーの一生に一度しかない監督デビュー戦を応援にいこう!!!」と試合会場まで足を運んでくれました。

みんな本当にありがとう。



  • 株式会社トライマックス
  • ザムスト
  • トランジスタ
  • melis
  • BLUETAG.JP
  • 日本橋西川
  • フローラハウス
  • ゼロフィット
  • ホーストン
  • Ba2ne
  • ウィグライプロ
  • 株式会社エイスオーシャン