プロフィール

櫛田亮介

生年月日 1977年6月29日
身長 185cm
体重 90kg
利き腕
出身 奈良県
資格 日本ハンドボール協会公認コーチ
球歴 奈良市立一条高校 中部大学
ホンダ ホンダ熊本
ESV Lok Pirna TSV Weinsberg(ドイツ)
北陸電力ブルーサンダー
三重バイオレットアイリス

生駒市立生駒中学校
1990年10月 当時は野球部に所属する野球少年。
体育の授業で初めてハンドボールという競技に触れる。
奈良市立一条高校
1993年 4月 入学後、野球部と迷った末にハンドボールクラブで楽しむ程度に競技を開始。
中部大学
1996年 4月 入学後、本格的に競技スタート。
1999年 8月 西日本学生ハンドボール選手権大会準優勝。(同大会優秀選手賞)
11月 全日本学生ハンドボール選手権大会ベスト8。(1999年度全日本学生ハンドボール連盟優秀選手)
ホンダ
2000年 2月 「ホンダ」へ入団。
3月 日本リーグ優勝。
2001年 3月 日本リーグ優勝。
5月 「日本代表候補」初選出 ポーランド遠征に参加。
7月 「日本代表βチーム」の一員としてアジアナショナルクラブカップに出場。
2003年 3月 日本リーグ優勝。
ホンダ熊本
2003年10月 「ホンダ熊本」へ移籍。
2004年 4月 移籍後、チームの活動縮小方針決定。
2005年 4月 「ホンダ熊本」でのラストシーズンを決意。ラストシーズン、過去5シーズンの総得点を上回る、フィールドゴール69得点をあげる。(全試合得点)
ESV Lok Pirna
2006年 4月 エストニア、スウェーデン、ドイツへ単身渡り自らを売り込む。
7月 ドイツ2部リーグ「EHV Aue」と契約内定するもチーム合流4日前に契約破談。
2006年 8月 片道切符で再度ドイツに渡りドイツ4部リーグ「ESV Lok Pirna」とプロ契約。
2007年 4月 ドイツ4部リーグ優勝。3部昇格決定。
6月 契約更新。
8月 ザクセンスーパーカップ優勝。
10月 試合中に相手選手からの激しいコンタクトを受け左膝脱臼による、複合靭帯損傷(前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯、半月板損傷)の大怪我を負い、競技復帰は絶望的と診断される。
12月 靭帯再建手術成功、受傷後2年間を期限として競技復帰に全力を注ぐ事を決意。
2008年 3月 怪我を理由に契約途中解除、日本へ帰国。
無所属
2008年 4月 日本で本格的に治療開始。
8月 ドイツ5部リーグ「TSV Weinsberg」からドイツでリハビリを継続しジュニアチ―ムのコーチをしながら、一軍での競技復帰を目指してはどうか?との打診
11月 滞在ビザの取得が叶わずに帰国。帰国後3ヶ月間はビザ取得に向けてチームは注力。日本でチーム再合流に向けて調整開始。
2009年 2月 3ヶ月間日本でドイツからの吉報を待つものの、ビザの取得は叶わず、「TSV Weinsberg」以外のチームとの交渉開始。
2009年 3月 日本リーグ全チームに球界復帰を目指してアプローチを開始。
5月 「琉球コラソン」のトライアウトに参加し、合格。
6月 「北陸電力ブルーサンダー」のトレーニングに初参加。
北陸電力ブルーサンダー
2009年 9月 「北陸電力ブルーサンダー」へ入団。
同月19日、対豊田合成戦で約2年振りに競技復帰を果たす。
2012年 4月 東アジアクラブ選手権大会出場 第4位
5月 コーチ兼任選手となる。
現在もチーム最年長選手として活動中。
また2006年、日本ハンドボール協会公認コーチ資格を取得。
シーズンオフには積極的に若手選手の育成に努めながら、ハンドボールの普及にも力を注いでいる。
三重バイオレットアイリス
2015年 5月 「三重バイオレットアイリス」監督就任

  • 株式会社トライマックス
  • ザムスト
  • トランジスタ
  • melis
  • BLUETAG.JP
  • 日本橋西川
  • フローラハウス
  • ゼロフィット
  • ホーストン
  • Ba2ne
  • ウィグライプロ
  • 株式会社エイスオーシャン